HOME  > 「大学生活」 >  学習院LIVE!|マジマジメマガジン 学習院大学 受験生向けサイト  > お知らせ

学芸員課程ミニ展示「やきもの いろいろ展」開催中

学習院大学の学芸員課程「博物館実習」では、
学芸員を目指して勉強中の学生たちが、博物館で行われる展覧会について、
実際に展示作りを通して学ぶという授業が行われています。

170214_001.jpg
(写真)模擬展示の様子

講師の渋谷葉子先生が担当する歴史系のクラスは、
学習院大学史料館が所蔵する古文書を一つずつ読むところから始まって、
展示の企画内容やレイアウトなども学生たちが考え、
一日限りの模擬展示を行いました。

同じく講師の小松大秀先生が担当する美術系のクラスでは、
現在、学習院大学史料館(北別館内)にて、
ミニ展示「やきもの いろいろ展」を開催し、授業の成果を発表しています。

170214_002.jpg
(写真)展示の様子

作品の調査や図録用の資料撮影、解説の執筆、
展示のデザインおよび設営の仕方などを、担当の先生の指導を受けながら、
学生が主体となって行いました。

調査の対象は、史料館に収蔵されている、
旧制学習院歴史地理標本室から移管された資料です。

今回はその中から「やきもの いろいろ」と題して、
8点の陶磁器を展示しています。

170214_003.jpg
(写真)蝦蟇[がま]仙人 置物 九谷焼〔明治時代 石川県〕

九谷焼は皿や徳利が多く、置物の作品はまれとのこと。
ひとつひとつの作品には学生による解説文が添えられており、
作品への理解を深めることが出来ます。

170214_004.jpg
(写真)色絵金彩縞有蓋徳利〔大正時代 佐賀県 美山窯〕

庄三風の再興九谷。細密で色あざやかな文様が描かれています。
背の高い作品は、倒れて破損しないようテグスで固定します。
学生の皆さんはその固定方法も学びました。

170214_005.jpg
(写真)色絵秋草文四方小鉢〔明治~大正時代 京都府 粟田焼〕

東海道五十三次の終点として知られる、
京都粟田口一帯の窯で作られた小鉢です。
秋草のススキと萩の花がモチーフの作品です。

170214_006.jpg
(写真)灰釉[かいゆう]流走駒文浅鉢〔大正時代 福島県 相馬駒焼〕

躍動感を持った二頭の走り駒(馬)が描かれています。
皿の縁側には装飾的な貫入があり、作品の見どころのひとつとなっています。

学生の皆さんは、
史料館所蔵品の中から産地や用途の異なったやきものを選りすぐって、
その多様性を表現しようと取り組み、
学芸員の方々と同じ手法で、1から展示を作り上げました。

170214_007.jpg
(写真)設営の様子①
転倒防止のため、展示資料をテグスで留めているところ

170214_008.jpg
(写真)設営の様子②
展示ケースに資料と解説のキャプションを設置する

170214_009.jpg
(写真)設営の様子③
壁面にパネルを打ち付ける

学生が執筆した九谷焼や萩焼、瀬戸窯に関するコラムの展示もあり、
それぞれのやきものの具体的な特徴の違いを知ることができます。

この展示は4月16日(日)まで行われます。
ぜひお立ち寄りください。

170214_010.jpg
(写真)大学史料館〔北別館〕

平成28年度博物館実習
小松大秀クラス学生一同主催「やきもの いろいろ展」

開催日時:
平成29年1月12日(木)~平成29年4月16日(日)
平日・土曜日9:30~17:30(土曜日は12:30まで)
*特別開室日:4月16日(日) 9:30~16:00
*閉室:日曜日、祝日

開催場所:学習院大学史料館(北別館)内展示コーナー

学習院大学史料館のホームページはこちらから
学習院大学のホームページはこちらから


【地域・社会連携】「馬とふれあう会」が実施されました

11月14日(月)、
目白キャンパス内の馬場にて、学習院と豊島区の連携による
「馬とふれあう会」が実施されました。

161114_001.jpg
(写真)目白キャンパス 馬場

学習院大学馬術部では、
2000年より社会貢献活動の一環として、
近隣の児童たちを招いて、
ホースセラピー「馬とふれあう会」を行っています。

ホースセラピーは、
欧米では「乗馬療法」として長い歴史を持ち、
心優しい動物である馬とふれあうことで、
精神的・肉体的な癒しの効果が期待されています。

161114_004.jpg
(写真)えさやりの様子

「馬とふれあう会」では、
馬術部と社会福祉研究会の学生が中心となって、
子どもたちが馬とふれあえる機会を、年2回提供しています。

専門家の指導の下、訓練されたポニーを用いて安全性に配慮しながら、
乗馬やえさやりを体験してもらいます。

161114_003.jpg
(写真)乗馬中の児童をしっかりと支える学生たち

今回は、30家族・36名のの児童が参加してくれました。

キャンパス内に子どもたちの笑い声が溢れる、
特別な一日となりました。

学校法人学習院の社会連携に関する情報はこちらから


書道体験教室

12月14日(水)、
国際交流センターで書道体験教室が行われました。

この教室は、霞会館教育助成金による助成のもと、
本学書道部員有志ボランティアの協力を得て行っている、
留学生向け伝統文化体験活動のひとつです。

今年は外国人留学生20名と、
来年から協定校へ派遣が決まっている日本人学生の計25名が参加しました。

国際交流センターのFacebookでは、
当日の様子が詳しく紹介されています。

170117_001.jpg
170117_002.jpg
(写真)書道体験教室の様子

学習院大学国際交流センターのFacebookはこちらから

学生の皆さんが書道体験教室で書いた作品は、
現在、国際交流センター前に掲示されています。
ぜひご覧ください!

170117_003.jpg
(写真)国際交流センター前

学習院大学の国際交流・留学に関するページはこちらから
学習院大学のホームページはこちらから


平成28年度 面接対策セミナーが開催されました

今年も1月8日(日)9日(月・祝)に、学習院大学名物の面接対策セミナー、
通称「メンタイ」が開催されました。

今年で27回目の開催となった面接対策セミナーは、
参加学生数:約1,200名、
講師(社会で活躍する卒業生):319名、
サポーター(内定を得た4年生):184名、
によって行われました。

170116_001.jpg
(写真)オリエンテーションに向かう学生達

面接対策セミナーは就職活動のノウハウを得るだけではなく、
「社会に出ること」、「働くこと」について実践を通して学ぶ場です。
1日目は、オリエンテーション後各班に分かれ、グループディスカッションや、
模擬面接、サポーターによる就活体験談など、盛りだくさんのプログラムが行われました。

170116_002.jpg
(写真)模擬面接の様子

2日目は、模擬面接、交流戦(班をシャッフルしてのグループ面接)、
全体総括では壇上面接が行われ、2日間を通して、講師・学生サポーターと
学生との間に強い「絆」が生まれました。

170116_003.jpg
(写真)全体総括の様子。応援団によるエール。

2018年卒の就職活動は、まもなく本格的に始動します。
学生の皆さんは、面接対策セミナーで学んだことを活かして頑張ってください。
困ったときはキャリアセンターまで!

学習院大学キャリアセンターのホームページはこちらから
学習院大学のホームページはこちらから


第20回生命科学シンポジウム『高齢化社会を科学する』が開催されました

2017-01-11 [ 行事・イベント ]

12月17日(土)、
目白キャンパス西5号館にて、第20回生命科学シンポジウム
『高齢化社会を科学する』が開催されました。

山極 壽一 京都大学総長をはじめとした、
日本の生命科学分野をリードする研究者が一同に会し、
「超高齢化社会」を迎えつつあるわが国において
生命科学が果たすべき役割について、議論を交わしました。

20161217_001.png
(画像)案内用ポスター

最初のスピーカーは、遺伝学がご専門の
相垣 敏郎 首都大学東京都市教養学部教授です。

今回のシンポジウムでは、「寿命遺伝子を探る」というテーマで、
寿命を決定する遺伝要因と環境要因についてお話しくださいました。

20161217_002.jpg
(写真)相垣先生による講演

相垣先生によると、
種の存続のための適度な生存期間を保障するのが、寿命であり、
寿命の長さは主に遺伝子と食べ物によって決定されるということでした。

アマゾン原産果実が持つ寿命延長効果に関する研究など、
興味深いお話に、皆さん聴き入っていました。

続いて、
岡野 栄之 慶應義塾大学医学部教授は、
「再生医療と先制医療で健康寿命を延ばす!」というテーマで、
iPS細胞技術やゲノム科学を用いた最新の研究内容を、
軽妙なトークでご紹介くださいました。

20161217_003.jpg
(写真)岡野先生による講演

岡野先生は、
高齢化社会という課題先進国の日本にとって、
最も重要なことのひとつは認知症対策であり、
ただ長生きするのではなく、「健康寿命」を延ばすことが重要であると
強調されていました。

iPS細胞技術を用いてアルツハイマー病を解明しようとする研究や、
日本国内の百寿者に関する調査研究など、
様々な興味深いお話を伺うことができました。

最後に、
山極 壽一 京都大学総長より、
「老いの進化」というテーマでご講演いただきました。

20161217_004.jpg
(写真)山極京都大学総長による講演

ゴリラの研究で国際的に知られる山極先生は、
そもそも、なぜヒトには長い老年期があるのか?
という問いに対する答えを、
霊長類学の視点からご説明くださいました。

山極先生によると、
ヒトは熱帯雨林から平原へと生活の場所を移したことで、
社会全体での食料の分配と共同保育という、
霊長類の中でもヒトだけが持つ特徴を身につけ、
結果として子ども期・青年期・老年期という固有の生活史を
発達させたということでした。

ゴリラと生活を共にする中で、
「年をとることは美しい」ことに気づかされたという
山極先生の講演に、会場からは感嘆の声があがりました。

また、質疑応答の時間には、
高校生からの要望に応じて、「ゴリラ語」を披露するという場面も
ありました。

20161217_005.jpg
(写真)質疑応答の様子

会場は、200人超の参加者で賑わい、
第20回にふさわしい、豪華なシンポジウムとなりました。

学習院大学理学部のホームページはこちらから


1 / 2712345...1020...最後 »

PROFILE

「学習院LIVE!」編集スタッフ
「学習院LIVE!」は、学習院大学の旬な情報をお届けするブログです。学長室広報センターが運営しています。学習院大学の「今」を配信していきますので、どうぞお楽しみに!

twitter