HOME  > 「目白生活」 >  学習院LIVE!|マジマジメマガジン 学習院大学 受験生向けサイト  >  2015年 >  4月

【メディア掲載情報】学食「メガ盛りカレー」が紹介されました

インターネットのニュースサイト「マイナビニュース」で、
大学学生食堂のスペシャルメニュー「メガ盛りカレー」が紹介されました。

150430_001.jpg
(写真)メガ盛りカレー 520円 + カツ 120円

ライスは約500g、Mサイズのカレー2杯分の超特大メニューです!
マイナビニュースの記事では開発秘話などが紹介されています。
ぜひご覧ください!

※マイナビニュースの記事はこちらから↓
「学習院大学の学食にも”メガ盛り”が!学生が待ち望んだメニューはこれだ!!」

総合企画部広報課

学習院公式ブログから転載しました。


目白駅130周年記念イベントに学習院大学の学生が参加

3月15日(日)、
学習院目白キャンパスに隣接するJR目白駅が開業130周年を迎え、
駅前広場で記念の祝賀イベントが開催されました。

150421_02_001.jpg
(写真)目白駅130周年記念イベント オープニングセレモニーの様子

学習院大学からは有志のクラブ・サークル4団体が参加し、
日頃の練習の成果が披露され、イベントを大いに盛り上げました。
学生の活躍が光った当日の様子をご紹介します。

150421_02_002.jpg
150421_02_003.jpg
(写真)ギターアンサンブル同好会の演奏
日本女子大学マンドリンクラブとのコラボレーション演奏も行いました。

150421_02_004.jpg
150421_02_005.jpg
150421_02_011.jpg
(写真)空手道部の演武
板割りや瓦割り、跳び技などを披露。
技が決まるたびに観客からは大きな歓声が沸きました。

150421_02_006.jpg
150421_02_012.jpg
150421_02_007.jpg
(写真)アカペラサークル Twinkle
元気いっぱいの素敵なハーモニーを聴かせてくれました。

150421_02_008.jpg
(写真)目白駅前広場の様子

駅前広場では多くの人々が足を止め、学生のパフォーマンスを観覧し、
大きな拍手を送ってくれました。

また同じ日、JR目白駅向かいの商業施設「トラッド目白」では、
鉄道研究会が「Nゲージレイアウト」の展示を行いました。

150421_02_009.jpg
150421_02_010.jpg
(写真)鉄道研究会Nゲージ展示の様子

トラッド目白を訪れた地域の子どもたちが目を輝かせて、
展示を楽しんでいました。

どのクラブ・サークルも力のこもった発表で、
まるで小さな学園祭が行われているかのような楽しい1日となり、
目白駅開業130周年のお祝いに華を添えました。

学校法人学習院の社会連携に関する情報はこちらから

総合企画部広報課

学習院公式ブログから転載しました。


特別展「ボンボニエール -掌上の皇室文化-」開催中

2015-04-27 [ その他 ]

目白キャンパス北2号館1階の学習院大学史料館展示室で、
現在、特別展「ボンボニエール -掌上の皇室文化-」が開催されています。

150421_001.jpg
(写真)史料館展示室入口

「ボンボニエール」とは、
宮中における饗宴、特に慶事の正餐(せいさん)の際に、
引出物として配られる小さな工芸品のことです。
※正餐…西洋料理で正式の献立による食事

近代国家への道を歩む明治政府が、宮中での饗宴を
外交手段などに用いようと盛んに開催していた中で、
日本の工芸技術の粋を集めて作られた
ボンボニエールが引出物として配られるようになり、
現在の皇室でもこの習慣が続いています。

150421_002.jpg
(写真)脚付箱形鶴松文

本体は銀製のものが多く、名称の由来となった
フランス語の「ボンボン入れbonbonnière」が示すとおり、
中には小菓子を入れることができます。

150421_003.jpg
(写真)入目籠形

今回の展覧会では、
学習院大学史料館で収蔵しているボンボニエール250点余の中から
選りすぐりの約70点が展示されています。

一つ一つは掌の上に乗るほどの小さなものですが、
さまざまな形状に華やかな工芸意匠が施されており、
見る人の目を楽しませてくれます。

150421_005.jpg
(写真)武家兜形
150421_006.jpg
(写真)複葉機形
150421_007.jpg
(写真)箱形唐草蒔絵

また、今回の展覧会では
昭和3年の昭和大礼において身に着けられた装束や、
宮中晩餐会で使用された食器や献立表なども展示されており、
当時の宮中の様子を垣間見ることができます。

150421_008.jpg
(写真)昭和大礼で着用された束帯と袿(うえのきぬ)(5/7まで展示)
150421_0099.jpg
(写真)有栖川宮家家紋付ディナーセット(上野の森美術館蔵)

実際にボンボニエールがどのように配置されていたか、
一目でわかるような展示となっています。

展示室前のロビーでは、宮中晩餐会の様子を
動画で紹介するコーナーもありますので、そちらも合わせてご覧ください。

小さな工芸品「ボンボニエール」を通じて、
明治政府が近代国家になるための努力や、
日本の伝統文化、工芸技術の粋、皇室のおもてなしの気持ちなどを
感じることができるこの展示は、6月6日(土)まで開催しています。
ぜひお越しください。

開館時間:平日・土曜日10:00-17:00
休館日:日曜日・祝日、5/15(金)※学習院大学開学記念日のため
※入場無料
※5月23日(土)14:00より、ギャラリートークが開催されます

「ボンボニエール展」の詳しいご案内はこちらから
学習院大学史料館のホームページはこちらから

総合企画部広報課

学習院公式ブログから転載しました


新たな高大連携を推進します!

高校生のみなさん、こんにちは!
学習院大学学長室経営企画課です。

これからいろいろな角度から大学選びを進めていくことになると思いますが、
その中で重要になるのが、「高校から大学への円滑な接続」という観点でしょう。
特に、最近では、「高大連携」という言葉もよく聞かれます。

 

学習院には、学習院高等科と学習院女子高等科(以下、両高等科といいます)という2つの高等学校があります。学習院大学は、「高大連携」という言葉が一般的に使われるようになるだいぶ前から、両高等科との間で、出張講義や大学の授業聴講などを通じて連携してきました。
両高等科は大学の付属校ではないのですが、一定の条件のもとに学習院大学に進学できますので、
その点では、出張講義や大学の授業聴講が、大学選びの一助になっています。

 

その「高大連携」をより一層推進するために、
学習院大学は新たな領域にチャレンジをすることにしました。
それは、両高等科以外の高校とも積極的に連携していこうというものです。

具体的には、大学の先生・学生を高校に派遣しての講演会や特別講座を開催したり、
生徒の課題探求・解決のための学習支援を行ったり、といった内容です。

 

その第一歩として、この3月下旬に、スーパーサイエンスハイスクール(SSH)指定校である東京都立戸山高等学校と、
スーパーグローバルハイスクール(SGH)指定校の私立順天高等学校と
それぞれ高大連携協定を締結しました。

東京都立戸山高等学校との協定締結の様子(左:戸山高等学校 大野 弘 校長、右:本学 井上 寿一 学長)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私立順天高等学校との協定締結の様子(左:順天高等学校 長塚 篤夫 校長、右:本学 井上 寿一 学長)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この新たな高大連携を起爆剤として、
学習院大学と4つの高校との間での個別の関係だけでなく、
高校同士の連携や、学習院大学がハブとなっての相互連携など、
有機的で実りの多い高大連携の実現を推進していきたいと考えています。

学長室経営企画課


学食「TABLE FOR TWO」新メニュー(4/16~30)

学習院大学の国際協力団体Anchorが主催する
学食とのコラボレーション企画「TABLE FOR TWO」

私たちがヘルシーな食事をとることで、
自動的に発展途上国の子どもたちに、栄養価の高い学校給食を
プレゼントするというシステムです。
詳しい内容は昨年4/28掲載「TABLE FOR TWO、始動!」から

4月16日(木)~30日(木)のメニューはこちらです!

150423_001.jpg
(写真)北インドカレー 430円

~国際協力団体Anchorからのメッセージ~
あなたのお腹を満たしてくれる大豆ミートいりの本格カレー。
たっぷりの野菜と五穀米でヘルシーさもGOOD!

ワンプレートでおしゃれなカフェごはん、ぜひお試しください!

学習院大学国際協力団体Anchorのホームページはこちらから
TABLE FOR TWOの公式サイトはこちらから


1 / 3123

PROFILE

「学習院LIVE!」編集スタッフ
「学習院LIVE!」は、学習院大学の旬な情報をお届けするブログです。学長室広報センターが運営しています。学習院大学の「今」を配信していきますので、どうぞお楽しみに!

twitter